Ririe  リリィ

ririe93.exblog.jp
ブログトップ
2010年 09月 09日

1960's-70's WESTCLOX WALLCLOCK made in usa♪

今日リリィのブログに初めて来た方は、この更新本日2度目なんで
1個前もご覧になってくださいね~。

まあ2つとも掛時計の紹介ですけど☆

さて本日2回目。
いきおいにのって時計をディスプレイしてたら、これも紹介したくなったんで
2度目のお付き合いを☆

1960's-70'sころのWESTCLOX製の掛時計になります。
絶妙なグラデーションになったリーフのデザインがステキですよ↓↓
f0197946_16165425.jpg

f0197946_16172412.jpg

しっかりmade in u.s.a と文字盤下の方にあります、茶色に茶色のエンボス加工で
表記してあるので画像撮れませんでした・・・すみません。

この時計、時間を刻むことには全く問題ありませんが、2か所ほど難が御座います。
1か所目はこれ↓↓
f0197946_16204374.jpg

文字盤に斜めにひびが入っております。わかりやすいように
後ろから明りを照らして撮影したのが上記のものです。
通常の見た目では、全く気付かないかと思います。

2か所目はこれ↓↓
f0197946_16233141.jpg

文字盤を覆うプラスチックの透明な盤の中央に画像で確認できるように
ひびが1.5センチ程度でしょうかね、御座います。まあこれはご覧になってわかるように
文字盤が茶色ですので、見てとれるようにわかります。
この時計、カバーが必要か!?っていうようなデザインの時計ですので
潔く取り外しちゃったほうが見た目いい感じかもしれません(僕的な見解です)
f0197946_16373282.jpg

どうですかね~!?
このままでもいいんですけどわかる方にはわかるかと思ったんで
もちろん蓋は付いたままの販売です。購入されてからそのままでも取り外して
使ってもいただいてもいいかと思います。
           1960's-70's WESTCLOX LEAF MOTIF WALLCLOCK 5800円

もう1個説明させてもらうと、上記の画像の中央に穴が開いていたのに
気付かれた方いらしゃいましたでしょうか。WESTCLOXの時計、電池式に変える
前のものって中央の前面に時間合わせのつまみが外に出てついてるんですよ。
それを取り外して電池式にするので、このような穴が残ります。
ちょっとややこしいんです。ここの時計の構造。

とこんな感じで2度目の更新完了です☆
これの1つ前の時計もかなり素敵なんで是非チェックしてください~。

やっぱいいですねこの時期。
この夕方からのランプの灯の生き生きとした表情。
是非、遊びにいらしてください☆お待ちしております♪

ウェブショップはこちらからどうぞ→→http://ririe93.ocnk.net/
[PR]

by Ririe93 | 2010-09-09 17:03 | Comments(0)


<< vintage THERMOM...      pocket watch 懐... >>